In Our Time | 前田塾塾生白書 ~ 仲間に出会う。時代を創る。

前田塾参加者をつなぐ 新世代型コミュニティチャンネル

第16回 飯沼 広基さん(U30トップキャリアコース 1期生)

U30トップキャリアコース第1期生の飯沼広基さんをご紹介。

「今は某大企業に勤めてるんですけど、もうすぐ転職するんです。トップキャリアで影響受けまして」
……!! 「前田塾で人生変わりました」という方は多いですが、ここまで大きく変化するとは!! 詳しくお話を伺ってみました。

このままじゃいけない、新しいことに挑戦したい

f:id:mizugame23:20191222135547j:plain

現在、大手エネルギー産業の企業に勤務していますが、実はもうすぐIT系ベンチャーに転職するんです。U30トップキャリアコースに出て、講師陣や受講者から刺激を受け、背中を押されました。

大学院卒業後、技術職として今の仕事に就きました。新製品の企画、研究開発、客先での実証試験、脱炭素を目指して環境に配慮した戦略の提言まで、ひととおりの業務を担当しました。

大学院では化学工学を専攻し、就職にあたり、いろんな業界を受けました。その中で、人柄がよく、優しい方が多い今の会社に決めました。業務や勤務体系、収入も、非常に安定しています。いろいろな業務経験をさせていただき、ここまで育ててくれた会社には心から感謝しています。

でも、トップキャリアコースに行って、「新しいことに挑戦したい」と思ったんです。1月からトップキャリアに行き始めて、コースが終了した6月には転職を決意していました。

maedajukutop.biz

知り合いの紹介で転職すると、実力以上のポジションが与えられてしまうこともありますよね。そうじゃなくて、自分の力でやっていきたかったので、知り合いがいる企業ではなく、全く知らないところに飛び込んでみたいと思って、いろんな業界を見ていました。新しいところに行くのには全く抵抗がないタイプなんです。

実は、6月に結婚しまして……転職を考えていたにもかかわらず。相手は、大学院生時代にインターンに来た時に、同じくインターンをされていた方です。

入籍にあたり、役所の手続きのために有給休暇を取ったんです。あっち行ったりこっち行ったり、なんかすごく煩雑で……これが全部WEBでできればいいのに、こんなことで時間取られるのはすごく損失だな、と思いました。

その体験を抱えているときに、自治体や官公庁にITを導入するサービスを提供する会社に出会って、この事業に関わりたいと思い、転職先が決まりました。当初は全く違う分野に転職するのかと考えていたので、何がきっかけになるか、分からないもんですよね。

自治体の手続きって、ほんとに面倒ですよね。これからマンパワーがどんどん不足してくる中で、そういった「人間がやらなくてもいい仕事」を機械化することは、とても有意義だと思います。

一方で、役所がとても重要な役割を果たす場合があると思います。ただ仕事を省力化するのではなく、注力すべき分野・領域に正しくリソースが割けるような世界があるべき姿だと思います。自治体サービスの利用者・提供者とも利益を享受できるよう、ボトルネックを取り払い、多様性に応える事業を創出していきたいと思っています。

転職先には、素晴らしい方々がいっぱいいて、まず追い付くのが今の課題です。やりたいことが明確化し、とてもワクワクしています。今はできないことはたくさんあるけれど、一個ずつ潰していけば、なんとかなると思っています。楽観的な性格なので。

会社に対してちゃんと成果を出している前提ではあるものの、転職先は副業もOKなので、大学時代の友人と起業しようという計画があります。「2021年の4月」と、時期だけは彼と約束しているんです。農業か不動産か、人の生活に近い、何か泥臭いことをやりたいと思っています。

妻となんでもない話をする、日々の他愛ない時間がとても大切。

f:id:mizugame23:20191222142832j:plain

川崎北部出身です。生粋のKYな子どもでした。当時はそんな言葉はなかったけれど。思ったことをすぐに口に出してしまっていて、小学校中学年くらいの頃は、いじめられてたんです。

そのいじめが嫌で、何が原因なのか、5年生の頃、自分ですごく考えたんです。そして、「言われたら嫌だろうな、ということは言わない方がいい」と気づき、、自分で性格を変えて、人の気持ちを考えるようにしてみました。そしたら、6年生で仲の良い友達ができて、嬉しかったですね。

中学受験をして中高一貫校に入学。野球部に入りました。二つ上の兄が通っていたので、親がなんとなく、その学校に行くように仕向けたんじゃないかな。それで、兄が入っていた野球部に。それも親が、二人同じ部活の方が楽だから、仕向けたっぽいんですけど。軟式野球ではあるものの、強い学校だったので、結構がんばりました。強い部活って楽しいです。6年続けましたね。ピッチャーをやっていました。

大学ではアカペラサークルに入りました。周りの人が歌がうますぎたので、僕はボイスパーカッション担当に。ボイパの練習は、みんな独学なんです。一人一人、唇の形も体形も違うので、自分で編み出すしかない。お風呂で歌うといい感じなので、自分で練習して、組み合わせは先輩に教わったりして。

「VOICES! 3」というコンピレーションCDに、2曲、SoundScapeというユニットで収録されています。

www.amazon.co.jp

最近の趣味は、カメラ。妻の影響で始めました。休日には二人で散歩して、同じ被写体を撮影して、比べたりしてます。妻となんでもない話をする、日々の他愛ない時間がとても大切。もし子どもが生まれたら、転職先はリモートワークができるので、融通利かせられるし、家事力も問題ないので、かなり育児に参加できると思っています。

本を読むのも好きで、興味のあるジャンルがあったら、その領域をひたすら10冊くらい読みます。購入して読んで、手元に残すもの以外はメルカリで売っています。割とすぐに売れるので、最近は発送業務もなかなか忙しいんですよ。

今は転職に向けて、自治体関連の本やITのシステム、設計の勉強をしています。軽めの読書なら、村山由佳さんの「おいしいコーヒーのいれ方」シリーズが好きです。今年のベスト本は、山口周さんの「ニュータイプの時代 」。思考法や発想の転換になるようなヒントをたくさんもらいました。オススメです!

これまでに出会ったことのない化け物ばかり

f:id:mizugame23:20191222144907j:plain

トップキャリアコースは、Facebookの広告を見て知りました。社会人二年目のとき。前田塾のことは全く知らなかったけど、何となく申し込みました。講師の方も、錚々たる会社名が並んでいて、おもしろそうだなと思って。

ちょうど業務が回せるようになった時期で、新しい刺激を受けたかったんですよね。それから、「コミュニティーを作る」という言葉に惹かれました。もともと人が好きなので、おもしろい人に出会いたくて。トップキャリアコースは、ちょっと会費高めのサークルかな、と。

参加してみると、これまでに出会ったことのない化け物ばかりで、本当に刺激になりました。講師の人たちはもちろん化け物ですが、彼らは年上だから。年下なのに化け物なんです。キレキレの人や、政治から哲学からなんでも詳しい人など、本当にびっくりしました。

僕は技術系の人間で、テクノロジー方面にはアンテナ張ってるんですけど、政治や経済には興味がなくて疎かったんですよ。でも、トップキャリアの人は割とちゃんと知ってて。若いのに。コースで自分の知らない分野も含め、強制的に学ばされたのは、本当にいい経験になりました。

理系からメーカー勤務のような、コテコテの技術系の人、刺激を求めている人に、この講座はとてもいいと思いますよ。

前ちゃんとは、面接の電話が初対面。「飲み好きそうだなあ」と感じました。それから、ロジカルに見えて、実は感性の人なんじゃないかな。感性で直感的に結論を出してから、裏付けとしてロジックを詰めるタイプだと思う。右脳と左脳のバランスがすごく良い人だと思います。

今後関心ある前田塾の講座は……講座より、飲み会に行きたいのですが、PowerPointのプレゼン講座に興味があります。懇親会目的で、参加してみようかな。

 

www.maedajuku.com


肩に力が入っていない、飄々としたたたずまい。大胆に人生を切り開く一方で、地道な日々をしっかり味わい、楽しんでいます。
転職、結婚、そして未来についても、自分の大切なこと、その本質だけを守り、あとはこだわりすぎず、深刻になりすぎない。
「僕は科学者なので……」というわりに……いえ、おそらくは科学者だからこそ、直感や流れに任せて運ばれてきたようなこれまでの人生。人事は尽くし、天意を聴くしかない部分についてはまるっきり天におまかせのようです。

そこから生まれる余裕が、フットワークを軽くさせているのでしょう。彼と話していると、「意識ひとつで、人間は自由になれるものだ」と感じます。